求人の疑問あれこれご紹介します

志望動機について

志望動機は、実は何よりも大事なものだと思っておきましょう。もちろん、他の要素も大事ではありますが、他がどれだけ良かったとしても志望動機だけで落とされてしまうケースも多々あります。ですから、「その会社に入って何がしたい・何が出来るか」を相手に提案できるようにしっかりと考えることが要求されるのです。

例えば、販売の仕事をしたいと思ったとき、販売のお店というのは星の数ほどあるわけです。会社の目線からしてみると「どうして販売をしたいと思ったときに、当社を選んだのか」ということをまず知りたいと思っています。この理由に関しては、企業研究を行うなどして、確実に答えられるようにしておきましょう。ここを怠ってしまうと、面接の時に失敗してしまうことが多いのです。自分が行きたいと思う会社のデータを頭に入れて、志望動機と結び付けることは非常に大事です。

自分が選んだ会社に行きたい理由は、もちろん見つけることが出来るでしょう。適当にここでいいかなという理由では間違いなく落とされてしまうと思っておきましょう。それ以外が出来ていたとしても落とされてしまう可能性は高いと思っても構いません。志望動機に関しては、この辺りはきちんと頭に入れて考えておきたいところです。