求人の疑問あれこれご紹介します

自己分析は大切

働くにあたって、自己分析はとても大事なものとなります。これが出来るか出来ないかで面接の成功率は大きく変わってくると思って構いません。面接というのは、自分を売り込む場ということですから、自分について理解をして話すことで、自分が会社にとって必要な人材であることを相手に知ってもらうことが出来るわけです。従って、自分が自分を理解していなければ、アピールがうまく行かないというわけです。

自己分析に関しては、最低限自分の長所や短所についてまとめておくことが大事です。とにかく自分の良いところ、悪いところを書き出せるだけ書き出して、自分が受けたいと思う会社に向いていると思う長所や短所をピックアップします。

良いところは良いところであげることは勿論ですが、短所についてはまずは自分を否定しながらも、最後にはそれを長所に変換していくのです。たとえば「すぐに怒ってしまうところが短所ではありますが、自分ではそれだけ情熱的であると思っており、仕事を行う上でのモチベーションを常に高くキープできると思っております。」といった具合でしょうか。

ただし、自分を作って話をしたとしても、面接ではすぐに見抜かれる可能性が高いです。長所と短所については、あくまでも作らずに自分の本当のところを知ってもらうことを意識することが大事です。